Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/rgu/www/01_GIS/rce-hc.org/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287
第1回「北海道SDGs推進懇談会」への参加について | RCE HOKKAIDO CENTRAL 北海道 道央圏

第1回「北海道SDGs推進懇談会」への参加について

北海道において、2015年に国連で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に関して、「理解と参画が広がり、幅広い分野や地域で様々な取組が展開されるよう、道内の実践者や関係団体、有識者が集まり、意見交換を行う」(北海道庁HP:北海道におけるSDGsの推進について、より)ための「北海道SDGs推進懇談会」を2018年7月から開催しています。RCE北海道道央圏協議会からも事務局長が構成員として参加していますので、その様子をお伝えしようと思います。

 

第1回目の主な議題は以下のとおりです。

・「北海道SDGs推進ビジョン(仮称)」の基本的な考え方について

・「北海道SDGs推進ビジョン(仮称)」の内容について

 

北海道は全国と比較してもいち早く、道庁内に「北海道SDGs推進本部」を立ち上げ、ビジョンの策定やネットワークづくりを進めています。6月には日本政府の「SDGs未来都市」にも選定され、ますます北海道内のSDGs達成に関わる動きが加速していくものと期待されます。

RCE北海道道央圏はSDGs達成を1つの大きな使命として掲げ、市民団体、教育機関、中間支援組織、企業、行政など多様な主体の参加を促し、協働で持続可能な社会づくりを進めていくためのプラットフォームとしての取り組みを進めてきました。国連大学から認定されている持続可能な開発に関わる地域拠点として、北海道で策定されるビジョンに対して、そのプロセスも含めて建設的な意見が交換できるよう、尽力したいと考えています。

 

第1回目の懇談会を終え、懇談会の構成員として参加している有坂から、以下のように意見をお伝えしました。

・持続可能な開発に関わる社会的な意思決定は、多様なステークホルダーの参画が可能な仕組みにするべき
・ステークホルダーや時間、環境の変化に対応してビジョンは変えていく
・道民だけでなく、世界から見られることを想定し、それに対応できるビジョンにする
・骨子案で挙げられているステークホルダーだけでなく、もっと多様な人たちを明記する
・具体的な推進方法について明記する
・SDGs達成の指標について、行政の施策の基準だけでなく、各分野の専門家の知恵を借りる
多様なステークホルダーが参画する社会の意思決定の手法についても専門家を活用する
・オープンな場で骨子案から原案を考える場を作る他の構成員の方からは、以下のような意見が出ていました。
北海道総合計画と同じような中身なら新しくビジョンを考える意味が無い
・総合計画は考えられて作られており、同じようなビジョンでも問題はない
・ステークホルダーを細かくすると分かり難くなる
・SDGsの理念「誰も取り残さない」をビジョンにも入れるべき
・「ビジョンの推進」が一番の肝になってくる
・北海道の課題を明確にして、我々も含めて道民が知ることが大事
問題や課題に関わってしまっている方たちのことをしっかり見ることがまず大事
・多様な意見を言っていると時間がかかってしまう反面、どこかで聞いていく姿勢は重要
・ステークホルダーの分け方を必ずしも国連に倣う必要はなく、農業やアイヌなど北海道の強み、あるいは弱みを認識した上で一緒に解決していくことを検討してい
地方自治体の単位で取組みが進んでいかないと実際の物事は進まな
・社会との接点を自覚できるように、自分がどう役に立っているのかを分かりやすくしたい

 

引き続き懇談会は開催されていく予定ですので、その様子について共有していきたいと思っています。皆さんも関心を持っていただければ幸いです。

<配布資料>

次第・出席者

資料1 北海道SDGs推進懇談会開催要領

資料2 「北海道SDGs推進ビジョン(仮称)」の策定について

資料3-1 「北海道SDGs推進ビジョン(仮称)」骨子(備考入り)

資料3-2 SDGs指標と関連性を有すると思われる道の指標(2018年7月時点)

資料3-3 「優先課題」の設定一覧

資料4   北海道におけるSDGsの推進体制について(案)

議事概要

議事録

 

(事務局長:有坂美紀)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL